メインコンテンツ

その他のコンテンツ

母乳が作られる仕組み

母乳は、女性の乳房から分泌される液体であり、赤ちゃんが成長をために必要なものです。たしかに赤ちゃんのための粉ミルクなども販売されています。ですが、母乳を用いた育児によるメリットとして、免疫物質が豊富であることや、スキンシップがはかれるといった要素があります。可能であれば母乳を与えていくと良いでしょう。

女性は妊娠や出産を通じて、身体に様々な変化が現れます。妊娠することにより子宮に赤ちゃんが宿り、少しずつ大きくなります。同時にホルモンの変化が起こります。この時に発生するエストロゲンやプロゲステロンといったホルモンの分泌によって、母乳を作るための組織が作られます。この組織は乳腺組織と呼ばれ、乳房の中にあるものです。

赤ちゃんが吸う乳首には、母乳が出てくる乳口と呼ばれる小さな穴があります。これは乳管洞と呼ばれる母乳の通り道の出口であり、この乳管洞が乳房の中に根を張るように存在します。そして、乳管洞の根本に乳腺組織があるのです。乳腺組織による母乳の生成は、乳房の付け根の部分である基底部と関係しています。基底部を通っている血液が乳腺組織を通じて、母乳となるのです。母乳が白い理由は、血液から作られる過程で赤血球が取り込まれないためです。逆に言えば母乳には血液中の一部の成分が含まれているため、赤ちゃんに良い母乳を与えるためには良い血液を作らなければなりません。生活を通じて、赤ちゃんのための良質な母乳づくりが必要となるのです。また、授乳する時にも気をつけたいポイントがあるので、こうした部分も知っておくと良いでしょう。当サイトでは、このような母乳に関する情報を提供させて頂きます。

<特集>
母乳が出ないとお悩みの母親向けにブレンドされたハーブティーの通販サイトをご紹介します・・・母乳ハーブティー通販サイト